ダルビッシュ、5回まで1失点の力投で勝利投手の権利 2戦連続カーショーと投げ合い

敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

前回は7回1安打1失点の好投も打線の援護なく初黒星

■ドジャース ー パドレス(日本時間24日・ロサンゼルス)

 パドレスのダルビッシュ有投手が23日(日本時間24日)、敵地でのドジャース戦に今季5度目の先発。前回登板と同じくエース左腕カーショーとの投げ合いとなった。2点リードの状態で5回まで3安打1失点の好投を見せており、勝利投手の権利が発生した。

 ダルビッシュは初回の先頭ベッツにいきなり左翼線二塁打を浴びると1死一、三塁からマンシーに右前適時打を浴び1点を失った。それでも味方打線は2回にマイヤーズのソロで同点に追いつくと、3回にはタティスJr.が左翼席へソロを放ち勝ち越しに成功した。

 打線の援護を受けたダルビッシュは3回には先頭シーガーに死球を与えるなど2死一、三塁のピンチを背負ったがリオスを見逃し三振。4回はこの日、初めて3者凡退に打ち取ると、5回は先頭のカーショーに左前打を浴びたが、ベッツを左飛に仕留め一走カーショーが飛び出し併殺。最後はシーガーを遊ゴロに仕留め5回まで1失点の好投を見せた。

 前回登板(18日)は5回2死まで完全投球を見せるなど7回1安打9奪三振1失点の好投も打線の援護なく今季初黒星を喫していた。対するカーショーは6回2安打8奪三振無失点で3勝目を挙げ、両エースが痺れる投手戦を繰り広げていた。

【動画】打者・カーショーのバランスを崩し三振を奪うダルビッシュ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY