ダルビッシュ、7回1失点9奪三振で2勝目 再戦カーショーに感謝「幸せに感じている」

敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
敵地でのドジャース戦に先発登板したパドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

古巣ドジャースタジアムでの登板「ここはやっぱり自分の中でも色々な思い出がある場所」

■パドレス 6ー1 ドジャース(日本時間24日・ロサンゼルス)

 パドレスのダルビッシュ有投手が23日(日本時間24日)、敵地でのドジャース戦に先発し7回4安打1失点、9奪三振の好投で今季2勝目を挙げた。カーショーとの再戦を制した右腕は「カーショーには常に感謝を持っている、投げ勝ったというよりドジャースに勝ったことが凄く嬉しい」と振り返った。

 序盤は制球に苦しみ初回にマンシーに右前タイムリーを浴び1点を失ったが、尻上がりに調子を上げドジャース打線を7回1点に封じた。前回登板に引き続きカーショーとの投げ合いとなったが「カーショーには常に感謝を持っている、投げ勝ったというよりドジャースに勝ったことが凄く嬉しい。カーショーと同じフィールドで野球ができることがいつも幸せに感じている」とエース左腕を称えた。

 打線もタティスJr.の2打席連続ホームランなど援護をもらい「いいところで皆ホームラン打ってくれて、すごく楽になった」と感謝を口にした。古巣ドジャースタジアムでの登板にも「ここはやっぱり自分の中でも色々な思い出がある場所。ファンも変なこと言って来る人はいなくて凄く楽しく投げられた」と語っていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY