「これが起こる確率は?」まさかの珍事 捕手の送球が打者の空振りしたバット直撃

ブルージェイズのダニー・ジャンセン【写真:Getty Images】
ブルージェイズのダニー・ジャンセン【写真:Getty Images】

24日のレイズ対ブルージェイズ戦で起きた珍プレー

■ブルージェイズ 5ー3 レイズ(日本時間24日・セントピーターズバーグ)

 23日(日本時間24日)に行われたブルージェイズとレイズの一戦で珍しいプレーが起こった。捕手の送球が打者のバットに当たる珍事にファンも「驚くべきプレー」と驚愕した。

 6回のレイズの攻撃中だった。1死一塁で打席にはキアマイアーが立っていた。1ストライクからの2球目、ブルージェイズのチャットウッドが投じたボールにキアマイアーのバットは空を斬った。次の瞬間、離塁が大きかった一塁走者のゲレーロJr.を刺そうと、捕手のジャンセンが一塁へと送球した。

 ここでまさかの出来事が起こる。ジャンセンの送球は投じられた直後、空振りしたキアマイアーのバットに直撃。そのまま高く弾み、一塁手の頭上を超えていった。まさかの珍事に投げたジャンセンも苦笑い。

 このプレーを「これが起こる確率ってどんなもの?」と動画で紹介したMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」のツイッターには「全捕手が恐れること」「自分の目でたった今見たからありえるってわかるけど…驚くべきプレー!」とファンのコメントが寄せられていた。

【動画】捕手の送球が空振りしたバットに直撃する決定的瞬間

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY