大谷翔平は「常軌を逸している」 メジャー初“レフト起用”に米騒然

敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

25日のアストロズ戦で8回にDHを解除して左翼の守備に就いた

■アストロズ 16ー2 エンゼルス(日本時間25日・ヒューストン)

 24日(日本時間25日)に行われた敵地・アストロズ戦で、メジャーで初となる左翼のポジションに就いたエンゼルスの大谷翔平投手。大量ビハインドの状況で、ベンチに野手が残っていなかったための緊急措置だったが、“二刀流右腕”の左翼起用は米ファンの間でも驚きを呼んだ。

 この日は「2番・DH」でスタメン出場した大谷。3回2死での第2打席でバックスクリーン左へと飛び込む6号ソロを放った。その後、エンゼルスは大量ビハインドを背負う展開に。11点差で迎えた8回には左翼を守っていたベンブームをマウンドへ。DHを解除して大谷がレフトの守備に就いた。

 この大谷の守備起用にファンも騒然。米メディア「FOXスポーツMLB」がツイッターで「ショウヘイ・オオタニがキャリアで初めて守備についている」と伝えると、まさかの事態にファンからは「この男にできないことなんてあるのか?」「彼は本当になんでもできるな」「これはベーブ・ルース」「この男は常軌を逸している」などのコメントが寄せられた。

 大谷が外野守備に就くのは2014年7月13日のソフトバンク戦(札幌ドーム)以来、2478日ぶり。試合後、エンゼルスのジョー・マドン監督は「緊急的措置だった。必要に迫られてやったことだ。野手が残っていなかった。彼が持ち出したんだ。彼がレフトを守ってもいいと言ったから、野手登板が簡単になった」と明かし、左翼での起用は大谷が申し出たことで実現した“奇策”だった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY