中堅手が飛球見失う→突如現れた左翼手が宙舞いキャッチ 驚異の好捕が「スーパーマンみたい」

好守を見せたレイズのランディ・アロサレーナ(奥)【写真:Getty Images】
好守を見せたレイズのランディ・アロサレーナ(奥)【写真:Getty Images】

中堅手が見失った飛球を左翼アロサレーナがダイビングキャッチ

■ブルージェイズ 5ー3 レイズ(日本時間24日・セントピーターズバーグ)

 23日(日本時間24日)に行われたブルージェイズ戦で、レイズのランディ・アロサレーナ外野手が見せたダイビングキャッチがファンの絶賛を呼んだ。中堅手が行方を見失った打球を好捕し「スーパーマンみたいだ」と喝采されている。

 5回2死走者なしでのプレーだった。打者のテレスが放った打球は中堅キアマイアーへの平凡なフライとなった。前進してきたキアマイアーだが、打球を見失い、突然、両手を広げて宙を見上げた。

 ボールはキアマイアーの遥か左後方へ。ここで突如として姿を表したのが左翼のアロサレーナだった。落下点に頭から突っ込むと宙を舞いダイビングキャッチでボールを掴み取った。

 レイズの公式ツイッターがこのアロサレーナの美技を「ランディが文字通りどこからともなく現れた!」と動画で紹介。ファンは「おおげさではなく、今まで見た中で最高級のキャッチだ」「スーパーマンみたいだ」「これは並外れている!」「この男はモンスターだ」「馬鹿げた守備範囲」と絶賛だった。

【動画】「どこからともなく現れた!」アロサレーナの超絶美技

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY