大谷翔平、メジャー初左翼でエ軍OBが“三刀流”に期待「並外れたアスリート」

敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
敵地でのアストロズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷は8回の守備でメジャー初となる左翼の守備につき打球を処理

■アストロズ 16ー2 エンゼルス(日本時間25日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は24日(日本時間25日)、敵地でのアストロズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3試合ぶりの6号ソロを放ち、4打数1安打1打点の活躍を見せた。8回からはメジャー初の左翼に守備につく“三刀流”でファンを魅了し米メディアも「彼は並外れたアスリート」と賛辞を送った。

 16失点で大敗を喫し4連敗の中、大谷が走攻守で敵地を魅了した。3回の第2打席ではバックスクリーン左へ3試合ぶりの6号ソロ。三塁ベースまで本塁打と気付かずダイヤモンドを“全力疾走”で駆け抜けた。そして8回はDHを解除し左翼の守備につくと、ストローの左翼線二塁打を処理した。

 地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」はこの日の試合を振り返り、唯一の明るい話題として大谷を特集。解説のエ軍OBマーク・グビザ氏はまず“快足アーチ”について「ホームランを打って全力疾走するところを見るのは今年2回目です。18秒のホームランベース一周! 2本連続で全力疾走のホームラン!」と満足気。

 そしてメジャー初、日ハム時代の2014年7月13日・ソフトバンク戦以来、2478日ぶりの外野守備にも触れ「リラックスした何気ない動きがいいですね。いつかまた彼が外野を守るところが見られるかもしれません。なんといっても彼は並外れたアスリートですから。かなり広い範囲をカバーすることができますし、ご存じの通り素晴らしい肩を持っています。外野にいると長打にするのは難しいかもしれません」と、“野手・大谷”にも期待を込め賛辞を送っていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY