9人入れ替えも実らず、DeNAミスミス逆転負け 阪神は佐藤輝6号などで2連勝

DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】

DeNAは2度リードを奪いながらも、ミスも絡んで逆転負け

■阪神 7ー5 DeNA(25日・甲子園)

 セ・リーグ最下位に低迷するDeNAが壮絶な逆転負けを食らい、2連敗となった。2度リードを奪ったものの、守備のミスが相次いで、リリーフ陣も踏ん張れなかった。阪神は逆転勝ちで貯金を11に戻した。

 DeNAは2点ビハインドの4回にオースティン、佐野の連続適時打で同点に追いつくと、5回には佐野が2打席連続の適時打を放って勝ち越しに成功した。だが、その裏、先発・阪口のワイルドピッチで同点とされ、2死一、二塁では一塁に入っていた田中俊がお見合いしてフライを落球し、勝ち越された。

 7回にオースティンの適時二塁打、佐野の犠飛で再び逆転したものの、その裏、4番手の平田が大山の犠飛、サンズの7号2ランで再び試合をひっくり返された。8回以降は阪神のリリーフ陣を打ち崩せずに敗戦。この日、5選手を抹消、4選手を昇格させ、9人を入れ替える荒療治を施したものの、白星には結びつかなかった。

 阪神は2度のビハインドをひっくり返して逆転勝ち。2回にドラフト1位ルーキー佐藤輝が8試合ぶりの本塁打となる6号2ランを放って先制すると、同点の7回にサンズが7号2ランを放ち、これが決勝点となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY