継承90%+「自分の色」10% 甲子園常連校に就任した新監督のチーム作り

静岡高・池田新之介監督(左)【写真:間淳】
静岡高・池田新之介監督(左)【写真:間淳】

静岡の名門・静岡高で新監督に就任した池田新之介氏

 春季高校野球静岡県大会は25日、2回戦が行われ、静岡高は掛川東に7回コールドで勝利した。今月からチームを指揮する池田新之介監督は、甲子園常連校の伝統を引き継ぎながら、自らの色を加えて新しい静岡高校を作っている。

 ベンチの奥から遠くまで良く通る声がする。その声で選手たちのスイッチが切り替わるように、ベンチが活気づく。声の主はムードメーカーの選手ではない。今月就任したばかりの池田新監督だ。

 初回1死二塁のチャンス。二塁走者に向けた池田監督の声が球場に響く。

「一発牽制、注意して!」「見るのはショートだけ」

 その声にナインが反応する。

「一発牽制、注意」「ショートだけ」「ショート入ってないよ」

 静岡県内では「静高(しずこう)」の愛称で親しまれている静岡高。野球部は創部120年を超え、県勢最多の春夏通算42回の甲子園出場経験を誇る。近鉄で守護神として活躍した赤堀元之氏や、オリックスの増井浩俊投手、西武の鈴木将平外野手ら多数のプロ野球選手を輩出し、県内屈指の進学校でもある。

静高最大の特徴は「考える野球」も…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY