「柳田みたい」「これが入るのはおかしい」燕・村上が放った衝撃の“右手1本弾”

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

低めのチェンジアップをスタンドまで運び、打たれた小笠原も呆然

■ヤクルト 4ー3 中日(25日・神宮)

 ヤクルトの村上宗隆内野手が衝撃の“変態ホームラン”でファンの度肝を抜いた。25日に本拠地・神宮球場で行われた中日戦。4回の第2打席で低めの変化球を捉えると、右手1本で右翼スタンドまで打球を運んだ。

 衝撃の一発に本拠地がどよめいた。3ボール2ストライクから2球ファウルで粘ったあとの8球目。中日先発の小笠原が投じた外角低めのチェンジアップを、村上は泳ぎ気味になりながらバットにボールを乗せた。フォロースルーは右手1本。それでも打球はスタンドまで届いた。

 まさかの一発に本拠地のファンも騒然。打たれた小笠原も信じられないといった表情で呆然とした。「DAZN(ダゾーン)」の公式ツイッターも「これで入るのか!?」とこの本塁打を動画で公開。ファンからは「すんげーパワー」「柳田みたいな事やってて草」「バケモンやん笑」「これが入るのはおかしいて」「なんでこれが入るんだよw」「訳分からんくて草」「わけわからん…どう抑えろと」と驚きのコメントが並んでいた。

(Full-Count編集部)

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY