ダルビッシュが2戦連続で封じた“世界一の打線” 心技が凝縮された中軸との駆け引き

パドレス・ダルビッシュ有(左)とドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】
パドレス・ダルビッシュ有(左)とドジャースのジャスティン・ターナー【写真:AP】

24日のドジャース戦で7回1失点の好投で2勝目を挙げたダルビッシュ

■パドレス 6ー1 ドジャース(日本時間24日・ロサンゼルス)

 パドレスのダルビッシュ有投手が2勝目を挙げた23日(日本時間24日)のドジャース戦は、左腕カーショーとの2登板連続の投げ合いが注目を集めた。7回4安打1失点9奪三振の内容で、盟友に借りを返した右腕は「似たような感じだけど、前回の登板とはまた違う攻めをしました」と表情に充実感を漂わせた。「世界一の打線」と警戒した中で、細心の注意を払ったのは3番のジャスティン・ターナー。四球を与えたものの、無安打2三振に封じた3打席を「駆け引きで勝負をするのはすごく楽しい」と振り返った。

 17日の前回登板後、「また頭を使ってしっかり抑えたい」と宿敵ドジャース戦へ抱負を語ったダルビッシュは、その言葉通りの頭脳的な投球でまたも1失点で切り抜けた。隙のない打線で細心の注意を払ったのが、3番のターナーだった。あえてその理由を聞くと、明確な答えが返ってきた。

「チームリーダーのターナーが(塁に)出れば、その後もどんどん続いてくる。すごく頭のいい打者ですから、ああやって駆け引きで勝負をするのはすごく楽しいですね」

 3打数無安打2三振に封じていた相手とわずか6日後の再対決。マウンドから得た特徴やクセ、そしてデータ的な傾向も十分に咀嚼して臨んだ右腕は、1打席目にストレートの四球を与えたものの、その後の2打席を見逃し三振に仕留めた。

 対峙した3打席でもっともスリリングだったのは、最多の9球を費やした6回の第3打席だった。

2戦連続の好投も慢心はない「その上を行けるようにちゃんと努力をしたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY