「握手した手が大きかった」育成・坂本勇人が主将・坂本勇人と対面した衝撃

巨人・坂本勇人【写真:楢崎豊】
巨人・坂本勇人【写真:楢崎豊】

加藤健3軍バッテリーコーチは「伝わってくるものがある」と捕手の素質を高評価

 目を丸くしながら、先輩たちのフリー打撃を見つめていた。その選手の名前は坂本勇人。巨人を代表する主将と同姓同名で注目され、佐賀・唐津から巨人にやってきた18歳の新人捕手だ。勉強する日々を送りながら、3月30日にはイースタン・リーグで9回代走として公式戦デビューも果たした。指導する巨人・加藤健3軍バッテリーコーチは高卒ながら「光るものがある」と言う。【楢崎豊】

 テレビで見ていた人たちが目の前に……。「物凄いですね。中島(宏之)さん、亀井(善行)さんのバッティングはミート力もコンタクト力ももう……物凄かったです」。オープン戦期間中に、ファームで調整していたベテランたちの打球に衝撃を受けていた。

 ジャイアンツ球場で主に3軍で練習をしているが、施設内では1、2軍の首脳陣や選手が行き来する。坂本主将とは「対面しました。『同姓同名だな』と言っていただき、握手をしてもらいました。手は大きいという印象が強く残っています」と力強さを感じ、自分が同じ巨人軍の一員である実感が湧いてきた。

 阿部慎之助2軍監督からは打撃について助言をもらった。「キャンプの時に指導をしていただきました。ティー打撃の時から全力でバットをしっかり振りなさいと言っていただきました」。初めてのキャンプは怪我をせずに過ごすことができた。坂本は佐賀県内では高校1年時から注目を集める強打の選手だったが「プロは打撃も守備もすべての面においてレベルが高いです。この高いレベルの中でしっかりとやっていかないといけない」と必死にくらいついている。

 1年目の今は、加藤コーチと一緒に体づくり、プロの捕手としての感性を磨いている。加藤コーチも1998年に新潟・新発田農から高卒で巨人に入団したため、18歳で故郷を離れる坂本の気持ちもよくわかる。周りが凄すぎて、地に足がついていなかった時代も過ごしてきた。

「坂本は守備も打撃も両方いいですよ。その中でも一番いいのは“声”ですね。捕手にはとても大事なことなんです。通る声、伝える声……。それに構え方もいいです。ミットを構えた時『ここに来い!』という雰囲気が伝わってきます」

高卒捕手がぶつかる問題に加藤コーチは「一段抜かしはせずに…」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY