有原航平、不安定な制球で渡米後ワースト5失点 自己最短2回降板で3勝目ならず

ホワイトソックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平(左)【写真:AP】
ホワイトソックス戦に先発したレンジャーズ・有原航平(左)【写真:AP】

敵地ホワイトソックス戦で2回4四球6安打5失点、防御率4.03

■Wソックス ー レンジャーズ(日本時間26日・シカゴ)

 レンジャーズの有原航平投手は25日(日本時間26日)、敵地のホワイトソックス戦で今季5度目の先発登板した。初回から制球に苦しみ、2回でメジャー自己ワースト5失点。今季3勝目はならなかった。防御率4.03。

 気温6度に強い風。初回から制球に苦しんだ。無死一塁でイートンを三ゴロ併殺打に打ち取ったが、続くモンカダの四球からアブレイユに左越えへの先制2ランを被弾した。さらに2者連続四球などで満塁のピンチを招いたものの、ガルシアを右飛に打ち取った。初回だけで40球(ストライク18球)を投げて4四球2安打2失点と、らしくない投球となった。

 2回は先頭・マドリガルの右前打と失策で無死二塁とされ、アンダーソンに左越え適時二塁打を許した。続くイートンには左中間適時三塁打を献上。アブレイユの右犠飛で5点目を失った。2回で70球(ストライク40球)を投げ、4四球6安打5失点で降板した。

 メジャー初勝利を挙げた14日(同15日)のレイズ戦から2戦2勝中だったが、この日は不安定な投球。勝ち星をつかめなかった。

【動画】アブレイユに被弾した有原

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY