「打球音は別格」「次元が違う」 大谷翔平、左手突き上げた“確信V弾”に米衝撃

7号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
7号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

同点の8回にバックスクリーン右へ勝ち越しの7号ソロ

■エンゼルス 4ー2 アストロズ(日本時間26日・ヒューストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のアストロズ戦で「2番・DH」で先発。第4打席で2試合連発となる決勝の7号ソロを放ちチームは連敗を4でストップした。左手を突き上げた“確信弾”にファンも「お願いホームランダービーに」「ショウヘイの打球音は別格だ」と大絶賛だった。

 球場に響き割った強烈な打球音はチームの勝利を確信させた。同点で迎えた8回。大谷は外角フォーシームを完璧に捉えると打球はバックスクリーン右へ飛び込む勝ち越しの7号ソロとなった。飛距離440フィート(約134.1メートル)の特大弾に左手を突き上げる程だった。

 MLBトップタイ、そして4連敗のチームを救う豪快アーチをMLB公式ツイッターも「ショウヘイが勝ち越し!」とコメントを添え動画を公開。2試合連発と勢いの止まらない大谷にファンも「ショウヘイの打球音は別格だ」「彼は唯一無二だ」「お願い、ホームランダービーに」「次元が違う」「本当にスペシャルだ」「こいつはモンスターだ」と驚きの声を上げていた。

 ファンの中には日本人初となるオールスターのホームランダービーに出場を推す声も上がっていた。

 興奮冷めやらぬ26日(同27日)の敵地・レンジャーズ戦では今季3度目の登板を“リアル二刀流”で臨む予定となっている。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY