戦力外から人生激変の燕右腕も… 昨季から変貌の“サプライズ”選手たち【セ編】

広島の菊池涼介(左)と阪神のジョー・ガンケル【写真:荒川祐史】
広島の菊池涼介(左)と阪神のジョー・ガンケル【写真:荒川祐史】

阪神の好調を支えているガンケル&糸原の活躍

 2021年のペナントレースは開幕からちょうど1か月が経過した。セ・リーグではスタートダッシュに成功した阪神が首位に立ち、パ・リーグではソフトバンク、楽天、ロッテが首位の座を争っている。

 連日熱戦が繰り広げられているプロ野球で、昨季までから大きく成績を向上させた選手たちが、それぞれのチームで貢献している。そこで、ここでは、ちょっとした“サプライズ”となっている選手の活躍を見てみよう。

 今回はセ・リーグだ。

・ガンケル(阪神)

 2年目を迎えた右腕は先発ローテの一角としてここまで大車輪の活躍を見せている。5試合に先発して4勝0敗、防御率1.78の好成績を残し、チームの首位快走を支えている。昨季は先発、中継ぎ双方で起用され2勝4敗11ホールド、防御率3.18という成績だったが、大きく変貌した姿を見せている。

・糸原健斗(阪神)

 好調な阪神を打線で牽引する1人が糸原だろう。今季はここまで96打数34安打1本塁打10打点、打率.354とリーグ2位のアベレージを残す。昨季は63試合の出場で打率.294をマークしたものの、キャリアで打率3割を超えたことはない。2番としてこれだけの成績を残すのは、嬉しいサプライズだろう。

オフに楽天から戦力外となりながら、ここまで活躍しているヤクルト近藤

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY