プロ4年間で6勝、今季すでに3勝… 開幕1か月の”サプライズ選手”たち【パ編】

ロッテ・佐々木千隼(左)とソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史、藤浦一都】
ロッテ・佐々木千隼(左)とソフトバンク・甲斐拓也【写真:荒川祐史、藤浦一都】

打撃面が課題とされていた甲斐はリーグ3位の打率.324をマーク

 2021年のペナントレースは開幕からちょうど1か月が経過した。セ・リーグではスタートダッシュに成功した阪神が首位に立ち、パ・リーグではソフトバンク、楽天、ロッテが首位の座を争っている。

 連日熱戦が繰り広げられているプロ野球で、昨季までから大きく成績を向上させた選手たちが、それぞれのチームで貢献している。そこで、ここでは、ちょっとした“サプライズ”となっている選手の活躍を見てみよう。

 今回はパ・リーグだ。

・甲斐拓也(ソフトバンク)

 球界屈指の守備力を誇る捕手として知られる甲斐だが、開幕から1か月を経過して打撃面でも好調だ。ここまで68打数22安打3本塁打10打点で打率はリーグ3位の.324をマークしている。開幕から10試合ほどはなかなか安打が出ずに苦しんでいたが、4月半ば頃から急上昇。4月20日の楽天戦で3安打5打点と大活躍するなど、打率3割に乗せている。甲斐は2019年に打率.260を残しているものの、昨季は.211に低迷。常に打撃面の向上を課題に掲げてきていた。

ロッテの佐々木千は直近5試合で3勝1セーブと“勝ち運”に恵まれている

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY