新人連続無失点記録に王手 広島ドラ1栗林が示す“モイネロ級”の能力とは?

広島・栗林良吏【写真:荒川祐史】
広島・栗林良吏【写真:荒川祐史】

開幕から守護神を任されて12試合連続無失点中の栗林

 広島のドラフト1位ルーキー栗林良吏投手が驚異的な活躍を見せている。開幕から守護神の座を任され、ここまで12試合に登板して、リーグトップの8セーブをマーク。防御率0.00といまだに失点しておらず、2019年にソフトバンク甲斐野央がマークした13試合連続無失点の新人記録に王手をかけている。

 愛知黎明高から名城大、トヨタ自動車を経て、ドラフト1位で広島入りした栗林。同じルーキーの大道温貴、森浦大輔らと鉄壁のリリーフ陣を形成すると、ここまで12試合の登板で許した安打はわずかに2本だけ。18個の三振を奪い、奪三振率は13.50と高い数字を残している。

 新人記録となる13試合連続無失点まで、あと1試合となったドラ1右腕だが、より詳細にデータを分析していくと、その凄さがより一層見えてくる。セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTAのデータを用いて、見ていこう。

ゾーン内コンタクト率は12球団全投手の中でトップの数字

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY