大谷翔平「手放しには喜べない」 リアル二刀流で1072日ぶり勝利&2安打も満足せず

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

5回9奪三振3安打4失点で今季初勝利、打撃では今季7度目マルチ&激走3得点

■エンゼルス 9ー4 レンジャーズ(日本時間27日・テキサス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地のレンジャーズ戦で「2番・投手」で先発した。指名打者制を解除した投打同時出場は22日ぶりメジャー2度目。初回に4失点したものの、5回9奪三振3安打4失点に抑えて今季初勝利を挙げた。防御率3.29。打撃では2回に右翼線2点二塁打を放つと、6回のバント安打で今季7度目のマルチ安打。3打数2安打2打点3得点で打率.300となった。チームは逆転勝ちで2連勝。貯金1とした。

 大谷は「野手の人が打ってくれた。チームとしては良かった。個人的には初回のことがあるので、手放しには喜べないかなと思います。自分自身で点を取ったのは大きなこと。あの回で同点になって気持ちを切り替えることが出来た。打撃と仕事ができるのは気持ち的には楽になる。チームが勝ててよかった。チームとして勝てたのは良かった」と振り返った。

 投手・大谷は大荒れの立ち上がりとなった。初回にロウに右越え3ランを被弾するなど4失点しかし、2回から立ち直った。2回から3イニング連続で3者凡退。3回2死から5者連続三振を奪った。5回75球(ストライク42球)を投げ、3安打4失点、2四球9奪三振。フォーシームの最速は99.3マイル(約159.8キロ)。2018年5月20日(同21日)の本拠地・レイズ戦以来1072日ぶりの勝ち星となった。

 バットで自らを助けた。初回に四球で出塁し、ウォルシュの右前打で先制のホームへ。3点を追う2回2死一、二塁では打球速度113.8マイル(約183キロ)の右翼線2点二塁打を放ち、逆転劇を呼び込んだ。6回先頭では三塁前へ絶妙なバント安打を決め、3試合ぶり今季7度目のマルチ安打をマーク。足でも1試合3得点と貢献した。球団によると、先発投手が9三振を奪って2安打3得点したのはインディアンスのルイス・ティアントが1961年6月11日のカンザスシティ・アスレチックス戦で記録して以来60年ぶりだ。

 試合前までメジャー最多本塁打の選手が先発登板するのは1921年6月13日のベーブ・ルース(ヤンキース)以来100年ぶり。当時のルースはメジャー1位の19本塁打でタイガース戦に「3番・投手」で先発。5回5安打4失点で勝ち投手となり、打撃では3打数2安打2本塁打3打点2四球と活躍した。100年の時を経て、大谷がルース級の大活躍を見せた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY