「どうやって打つんだ?」 大谷翔平、打者が動けない“究極バックドア”に米唖然

「2番・投手」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

“リアル二刀流”で出場し5回4失点9奪三振の力投で1072日ぶり復活星

■エンゼルス 9ー4 レンジャーズ(日本時間27日・テキサス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・投手」で先発し、5回9奪三振3安打4失点で今季初勝利を挙げた。宝刀スプリットも冴え渡ったが、この日は鋭いキレを見せたスライダーも効果的だった。打者が反応できなかったバックドアにファンも「美しい」「瞬間移動した」と驚きの声を上げていた。

 急激に変化した“魔球”に打者もお手上げだった。4回2死から左打者ホルトへフルカウントから投じた6球目は外角のボールゾーンから変化する82マイル(約132キロ)のスライダー。打者は全く反応できず、見逃し三振に倒れた。

 この1球を「ピッチングニンジャ」の愛称で高度な分析を行い、現役メジャーリーガーや米メディアからも多数フォローされている名物セレブ、ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターで公開。あまりの変化にファンも「美しい球だ」「どうやってこれを打つ?」「このボールは瞬間移動した」「彼にできないことってなに?」と多くのコメントが寄せられていた。

 この日は初回に4失点もその後は立ち直り5回4失点、9奪三振の力投で1072日ぶり復活星を挙げた大谷。打っても今季7度目のマルチ安打で打率.300と文句の付けようがない成績を残している。

【動画】急激に曲がってストライクに 打者も呆然、大谷翔平の切れ味抜群のスライダー

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY