ショートバウンドも鮮やかに捌く! 西武源田、二盗阻止の“神タッチ”が「完璧過ぎる」

ベース手前でバウンドする送球にも難なく対応する西武・源田壮亮【画像:パーソル パ・リーグTV】
ベース手前でバウンドする送球にも難なく対応する西武・源田壮亮【画像:パーソル パ・リーグTV】

西武源田が初回に二盗を阻止する鮮やかなグラブ捌き

■西武 3ー1 ロッテ(27日・メットライフ)

 球界を代表する守備の名手・西武の源田壮亮内野手が27日のロッテ戦(メットライフ)で、二盗を阻止する“神タッチ”を見せた。ショートバウンドの送球にもグラブが浮かないプレーにファンも「これは凄い」「西武の生命線」「鮮やかすぎる」と驚きの声を上げている。

 見せ場は初回に訪れた。無死一塁からロッテ荻野がスタートを切ると捕手・森が二塁へショートバウンドの送球。それでも二塁ベースに入った源田はグラブを上から被せ、そのままの流れで右足をタッチしアウトを奪った。

 井口監督はリクエストを要求したがリプレー検証の結果判定は変わらず。源田のグラブ捌きが勝った形となった。このプレーを「パーソル パ・リーグTV」も「源田壮亮 無駄な動きゼロ『絶妙タッチたまらん』」とのタイトルで動画を公開。

 難しいプレーを軽々とやってのける源田にファンも「これは凄い」「西武の生命線」「鮮やかすぎる」「惚れ惚れする」「タッチも上手いとか完璧過ぎる」と大絶賛だった。

【動画】ショートバウンドも鮮やかに…西武源田の“神タッチ”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY