筒香嘉智、155キロ撃ち二塁打 課題の剛速球を打ち返す2戦連続安打、打率.193

レイズ・筒香嘉智【写真:AP】
レイズ・筒香嘉智【写真:AP】

3打数1安打で8回守備で途中交代、チームは逆転勝ち

■レイズ 4ー3 アスレチックス(日本時間28日・セントピーターズバーグ)

 レイズの筒香嘉智外野手は27日(日本時間28日)、本拠地のアスレチックス戦で「7番・一塁」で先発出場。2回の第1打席で右翼へ二塁打を放ち、2試合連続安打をマークした。8回の守備で途中交代。3打数1安打1四球で打率.193となった。チームは逆転勝ちで連敗を2で止めた。

 同点の2回1死。剛腕モンタスの96.3マイル(約155キロ)のフォーシームを打ち返した。今季3本目の二塁打。得点にはつながらなかったが、5試合ぶりの長打をマークした。

 4回の第2打席は四球を選び、6回は投ゴロ、7回はニゴロに倒れた。試合前までフォーシームには打率.133(15打数2安打)と結果が出ていなかったが、この一打を課題克服のきっかけとしたいところだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY