西武・戸川大輔が14日に椎間板ヘルニア内視鏡手術 3か月以内での復帰目指す

西武・戸川大輔【写真:荒川祐史】
西武・戸川大輔【写真:荒川祐史】

2014年育成ドラフト1位で西武入団、15年に支配下登録

 西武は28日、戸川大輔外野手が今月14日に徳島県内の病院で椎間板ヘルニア内視鏡手術を受けたと発表した。練習中に腰痛を発症し、痛みとしびれが取れなかったため手術を決断したという。3か月以内での実戦復帰を目指す。

 24歳の戸川は北海高から2014年育成ドラフト1位で西武入団。15年オフに支配下登録され、19年に10試合出場。昨年は4試合出場で打率.111だった。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY