HKT48の“道産子”がショーパン姿でド緊張始球式「どこに投げたかあんまり覚えてない」

始球式に登場したHKT48・運上弘菜さん【画像:パーソル パ・リーグTV】
始球式に登場したHKT48・運上弘菜さん【画像:パーソル パ・リーグTV】

背番号48のユニホームでマウンドに上がった運上弘菜さん「すごく緊張して…」

■ソフトバンク ー 日本ハム(29日・PayPayドーム)

 福岡を拠点に活動するアイドルグループ「HKT48」のメンバー運上弘菜さんが29日、PayPayドームでのソフトバンク-日本ハム戦で始球式を務めた。ショートパンツ姿で、健康的な生足を上げて元気に投球。「始球式は初めてです。すごく緊張して、どこに投げたかも正直あんまり覚えてないんですけど、いい始球式になったかなと思います」と振り返った。

 北海道出身の22歳。背番号48で「UNJO」と記されたユニホームを着てマウンドに立った。右足を上げて投じたボールは、2バウンドで甲斐のミットへ。球団を通じて「思ったよりキャッチャーの方がいる場所が遠くて、圧倒されちゃいました」と感想を述べた。

 始球式に点数をつけると「65点です。練習のときはちょいちょいミットに届いていたんですけど、届かず終わっちゃって、まあまあな点数です」とも。4連敗と波に乗れていないソフトバンクに「勝利を目指して私たちも一生懸命応援しているので、頑張ってください!」とエールを送った。

【動画】健康的な美脚を振り上げて投じた運上弘菜さん

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY