菊池雄星、7回1安打0封で今季初勝利 強力アストロズ打線を封じ「自信になる」

アストロズ戦に先発し今季初勝利を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
アストロズ戦に先発し今季初勝利を挙げたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

7回1死までノーヒットノーランの快投「1点勝負だったので集中することができた」

■マリナーズ 1ー0 アストロズ(日本時間30日・ヒューストン)

 マリナーズの菊池雄星投手が29日(日本時間30日)、敵地のアストロズ戦に今季5度目の先発登板。7回1安打無失点、7奪三振で待望の今季初勝利をマークした。チームも1-0で勝利し連敗を「4」でストップ。7回1死まで無安打投球の快投を見せた左腕は「こういう勝ち方をしたかった」と語り、手応え十分の勝利だった。

 最速96マイル(約155キロ)の直球にカットボール、スライダー、チェンジアップ。菊池の投球にアストロズ打線は手も足もでなかった。初回1死一塁の場面でコレアを遊ゴロ併殺に仕留め勢いに乗ると、スコアボードに「0」を並べた。

 6回は圧巻の3者連続三振、7回1死からコレアに右中間二塁打を浴びノーヒットノーランは逃したが、その後も落ち着いた投球でグリエルを投ゴロ、ディアスを遊ゴロに抑えお役御免となった。

 試合後、今季初勝利を挙げた菊池は「全てのボールがゾーンの中で勝負できた」と振り返り、特にカットボールの精度について「三振を取る場面で良い高さに投げ分けられた」と語った。

 強打のアストロズ打線を1安打無失点に封じ「良いピッチングを出来たのは自信になる。チームとしても。こういう勝ち方をしたかった」と手応えを口にした。ノーヒットノーランの期待も高まったが「初回からヒットを打たれたくないと思って投げている。気付いていない投手はいないと思う。1点勝負だったので集中することができた」と笑顔で振り返っていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY