筒香嘉智、新型コロナワクチン接種の副反応でIL入り 指揮官「大事を取って休み」

レイズ・筒香嘉智【写真:AP】
レイズ・筒香嘉智【写真:AP】

筒香はここまで19試合に出場し打率.183、0本塁打5打点

 レイズの筒香嘉智外野手が29日(日本時間30日)、新型コロナウイルスのワクチン接種で副反応が出た影響で負傷者リスト(IL)入りとなった。ケビン・キャッシュ監督はこの日のアスレチックス戦を前にオンラインで会見を行い「体調が優れないので大事を取って休みにした」と語った。

 筒香はここまで19試合に出場し打率.183、0本塁打5打点の成績を残しており、28日(同29日)のアスレチックス戦では「7番・一塁」でスタメン出場も3打数無安打3三振に終わっていた。

 キャッシュ監督は筒香のIL入りの理由を「昨日ワクチン接種を受けてあまり体調が優れないので大事をとって今日は休みにした」と説明。コロナ関連のIL入りは日数の制限がなく、再登録は可能となっている。今後は状態を見ながらになるが「明日は復帰できると思う」と、再登録の可能性も示唆した。

 メジャーリーグでは新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっているがヤンキースのジオバニー・ウルシェラ内野手、ブルージェイズのルルデス・グリエルJr.外野手らが副反応によりIL入りしていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY