澤村拓一、決勝2ラン含む2被弾3失点で救援失敗 5試合ぶり登板もチームの連勝3で止まる

レンジャーズ戦に2番手で登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:Getty Images】
レンジャーズ戦に2番手で登板したレッドソックス・澤村拓一【写真:Getty Images】

同点の6回2死一塁か勝ち越し2ラン、7回もソロを浴び2被弾で防御率3.18

■レンジャーズ 4ー1 Rソックス(日本時間24日・アーリントン)

 レッドソックスの澤村拓一投手が29日(日本時間30日)、敵地レンジャーズ戦で2番手として救援登板。勝ち越し2ランを含む2本塁打を許し、1回1/3、2安打3失点(自責2)で防御率は3.18。チームは1-4で敗れ連勝は「3」でストップした。

 5試合ぶりの登板となった澤村。同点の6回2死一塁でマウンドに上がると、トラビノに87.6マイル(約141キロ)のスライダーを弾き返され、左中間スタンドへ勝ち越し2ランを浴びる。さらに7回もマウンドに上がると先頭のカルバーソン、ホワイトを連続三振に仕留めたが、カイナーファレファには94.7マイル(約152キロ)の直球を弾き返され、バックスクリーンへソロを浴びた。

 澤村は2本塁打を浴び1回1/3を2安打3失点(自責2)で降板。メジャー初勝利を挙げた23日(同24日)のマリナーズ戦以来、5試合ぶりの登板だったが痛恨の一発を浴び、チームの連勝は「3」で止まった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY