西武若手にチャンスも辻監督が抱える“ジレンマ” 山川、メヒアら山賊打線の復活は

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

穴埋める若手悪戦苦闘「先発ローテーション投手を打つのは難しい」

 左足を痛めて2軍で調整中の西武の主砲、山川穂高内野手。故障後初の実戦となるはずだった29日のイースタン・DeNA戦(平塚)は、「4番DH」でのスタメン出場が発表された後、雨天中止が決まった。故障者続出の山賊打線の“復旧”はいつになるのだろうか。

 1軍はこの日、本拠地メットライフドームでロッテ戦に臨み2-5で敗れた。1回にいきなり4点を奪われ、その裏には相手先発の岩下から3安打1四球で2点を奪ったものの、後が続かず。2回以降はわずか1安打。7回からハーマン、唐川、益田のリレーの前に走者さえ出せなかった。

 7番を打ったドラフト6位ルーキーのブランドン、8番の山田遥楓、9番のドラフト4位・若林楽人はしめて8打数ノーヒット1四球。辻発彦監督は「ブランドンも山田も若林も、岩下とは初対戦に近い。先発ローテーション投手を打つには、ある程度感覚的なものがわからないと難しい」と脱帽した。経験の浅い選手を並べざるをえないのは、主力に故障者が多いからだ。

 とりわけ主砲の山川の復帰が待ち遠しいところだが、辻監督は「下(2軍)でしっかりやれるという形になれば(1軍昇格を検討する)。走れて守れて打てて、とならないとダメでしょ。代打でいくわけじゃないから」と慎重な姿勢を示した。

来日8年目のメヒアについても「まだ体調が万全ではない」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY