DeNA、5度目零敗で3・4月本拠地1勝のみ 坂本の2回負傷降板に三浦監督「予想外」

DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】
DeNA・三浦大輔監督【写真:荒川祐史】

今季初の3連勝ならず、今季ヤクルト戦6連敗

■ヤクルト 4ー0 DeNA(30日・横浜)

 DeNAは30日のヤクルト戦(横浜)で今季5度目の完封負けを喫し、今季初の3連勝はならなかった。3・4月は本拠地で1勝12敗3分けと苦しい戦いとなった。

 チャンスであと1本が出なかった。初回2死一、三塁は牧が三ゴロ。3回2死一、二塁は佐野がニゴロ。6回無死一、二塁は佐野、牧、宮崎と凡退した。クリーンアップに好機で回したが、得点が遠かった。無得点試合は今季6度目だ。三浦大輔監督は「たらればになるが、1本出ていれば展開が変わっていた。うまく抑えられた」と唇をかんだ。

 先発左腕・坂本が2回に先頭・村上の強烈なピッチャー返しを左肩付近に受けて負傷降板。三浦監督は「予想外の展開。当たりどころも心配」と表情を曇らせた。対ヤクルト通算3戦3勝だった左腕を欠き、チームの今季ヤクルト戦は勝ちなし6連敗(1分け)となった。

(小谷真弥 / Masaya Kotani)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY