田中将大、登板2試合で感じた豊富な引き出し 専門家が右腕に期待する“使命”とは

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

飯田哲也氏が登板2試合を分析、初戦は「力みを感じた」

 8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手はここまで2試合に登板して1勝1敗、防御率3.27の成績を残している。ヤンキースで7年間のキャリアを積み日本に戻ってきた右腕について、現役時代にヤクルト、楽天で外野手として活躍し、引退後はソフトバンクなどでコーチを務めた野球評論家の飯田哲也氏に聞いた。

 田中は開幕直前に右ふくらはぎのヒラメ筋損傷が判明して戦線離脱。復帰後初登板となった4月17日の日本ハム戦(東京ドーム)では5回3失点で敗戦投手となった。初回に中田翔に2ラン、2回に先頭打者の石井一成に一発を浴び、リードを許したまま、5回75球を投げて降板した。

 飯田氏は「初戦に関しては、真っすぐで打者をねじ伏せるような投球にこだわっていたように見えました。8年ぶりの日本で緊張もあっただろうし、やらなければいけない、という気持ちもあったのでしょう。投げていて、力みのようなものをすごく感じました。故障したふくらはぎの不安もあったのかもしれませんが、とにかく本来の投球とは少し違うように見えましたね」

 飯田氏が指摘したように、中田の本塁打はカウント1-2と追い込んだ後に154キロの真ん中高めの速球を打たれ、石井には2球直球を続け、高めに浮いた144キロをライトスタンドに運ばれた。それでも3回以降は無失点に抑えており、第2打席の中田に対しては全て変化球で空振り三振、石井もスライダーを詰まらせて併殺打に打ち取っている。

2戦目は「『この投球でいい』と手応えをつかんだのでは」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY