大谷翔平、“自己最遅”156キロの4試合ぶり8号ソロ 開幕1か月で早くも昨季7発超え

8号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
8号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

敵地マリナーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場

■マリナーズ ー エンゼルス(日本時間1日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4月30日(日本時間1日)、敵地のマリナーズ戦で「2番・指名打者」で先発出場。初回無死一塁は左飛に倒れたが、3回の第2打席で4試合ぶりの8号ソロを放った。

 2-2で迎えた3回1死。1ボールから、右腕フレクセンのチェンジアップをバットに乗せた。右翼スタンドへ飛び込む、一時勝ち越し8号ソロ。シーズン8本塁打は、この時点で9発のレッドソックス・マルティネスと1本差。今季23試合目の出場で昨季の7本塁打(44試合出場)を超えた。

 打球速度97マイル(約156.1キロ)はメジャー自己最遅の一発。これまでは2018年9月5日のレンジャーズ戦で放った18号2ランの打球速度98マイル(約157.7キロ)が最も遅い打球だった。飛距離364フィート(約110.9メートル)は今季最短、打球角度34度だった。

 4月28日(同29日)の敵地・レンジャーズ戦では4打数1安打。2回2死から左翼フェンス直撃の二塁打を放った。試合前まで今季は22試合出場し、打率.284(88打数25安打)、7本塁打、18打点、3盗塁。4月最後の試合で豪快なアーチをかけた。

【動画】大谷翔平の8号本塁打

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY