大谷翔平、第1打席で四球選び二盗に成功! 高速スライディングで今季4個目の盗塁

マリナーズ戦で二盗を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
マリナーズ戦で二盗を決めたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

4月は打率.283、8本塁打19打点の好成績を残した

■マリナーズ ー エンゼルス(日本時間2日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地でのマリナーズ戦で「2番・DH」でスタメン出場。初回の第1打席で四球を選び、今季4個目の盗塁をマークした。

 マリナーズの先発は昨季メジャーデビューを果たした2年目右腕のニューサム。ここまでリリーフとして4試合に登板し1勝0敗、防御率1.69の成績を残し今季初先発となった。

 初回1死走者なしで迎えた第1打席ではフルカウントから粘り四球を奪うと、続くトラウトの打席で二盗に成功し今季4個目の盗塁をマークした。するとトラウトがバックスクリーンへ2ランを放ち先制に成功した。

 3点リードで迎えた2回1死二、三塁の第2打席では一塁へ痛烈なゴロを放ち三走・イグレシアスが生還し打点を挙げた。4回無死一塁の第3打席では右腕ダガーと対戦し左飛球に倒れた。

 大谷は前日の同戦で3回の第2打席で4試合ぶりの8号ソロを放ち4打数1安打1打点。4月は全24試合に投打で出場し投手として1勝0敗、防御率3.29。打者としては打率.283、8本塁打、19打点の成績を残していた。

【動画】すかさず二盗に成功し今季4個目の盗塁 大谷の高速スライディング

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY