大谷翔平、2試合ぶり無安打も1打点1盗塁 エ軍は4発10得点の大勝で5月白星スタート

マリナーズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
マリナーズ戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

初回の第1打席で四球を選び二盗に成功、第2打席は一ゴロで打点をマーク

■エンゼルス 10ー5 マリナーズ(日本時間2日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は1日(日本時間2日)、敵地でのマリナーズ戦で「2番・DH」でスタメン出場し4打数無安打1打点1盗塁。2試合ぶりの無安打に終わり打率は.271。チームは10-5で勝利し5月白星スタートとなった。

 大谷は初回1死走者なしで迎えた第1打席では四球を選ぶと、続くトラウトの打席で二盗に成功し今季4個目の盗塁を記録。その後、トラウトの2ランで生還。2回1死二、三塁で迎えた第2打席では痛烈な一ゴロを放ち打点をマークした。

 4回の第3打席では左飛、6回の第4打席では遊飛、9回の第5打席は強烈なライナーを放ったが中直に倒れた。この日は4打数無安打1打点1盗塁で打率は.271となった。

 それでもチームはトラウトの先制2ラン、ウォルシュの2打席連発、レンドンにも一発が飛び出すなど打線が爆発し今季最多タイとなる10得点で快勝した。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY