打球が行方不明「見失う島内可愛すぎ」 “フェンスポ”二塁打に「ファンも見失う」

打球を見失う楽天・島内宏明【画像:パーソル パ・リーグTV】
打球を見失う楽天・島内宏明【画像:パーソル パ・リーグTV】

見事にダイレクトで“スポッ”…「これは珍プレー入るぞ」

■ロッテ 6ー5 楽天(2日・楽天生命パーク)

 楽天生命パークで2日に行われた楽天-ロッテ戦で、打球が“行方不明”になる珍事が起きた。4回1死一塁の場面で、ロッテの4番・安田が放った打球が一瞬消える事態に、楽天の左翼手・島内もキョロキョロ。球場の特性が招いた二塁打に「見失う島内可愛すぎ」「後ろのファンも見失う」「これは珍プレー入るぞwww」などの声が寄せられている。

 大きな打球が左翼を襲った瞬間だった。島内はフェンス際でジャンピングキャッチを試みたが届かず。フェンス直撃で跳ね返ったであろうボールを探してグラウンドを見渡したが、見当たらない。それもそのはず。打球はフェンスの縁にすっぽりハマっていた。公認野球規則によると、フェンスなどに挟まって止まった場合は打者、走者に2個の進塁権が与えられることになっており、二、三塁となった。

 この珍しい状況を「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルが「【ボールだって挟まりたい】キレイにハマった『フェンすぽ2塁打』」と題して動画で公開。リプレー映像では「スポッ!」と効果音がつけられており、ファンからは「みんなが望んだ効果音」「絶対、スボッ!を使うと思ったww」などとコメントが寄せられていた。

(Full-Count編集部)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY