大谷翔平、登板前日出場も今季初の2試合連続無安打 メジャー初の1試合2盗塁で快足披露

自身初の1試合2盗塁をマークしたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
自身初の1試合2盗塁をマークしたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

4日に今季4度目の先発登板予定、第1打席では150キロ直球を右肘に受け絶叫

■マリナーズ 2ー0 エンゼルス(日本時間3日・シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手は2日(日本時間3日)、敵地でのマリナーズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3日(同4日)のレイズ戦で今季4度目の先発が決まっている中、この日は3打数無安打に終わった。今季初の2試合連続ノーヒットだったが自身初の1試合2盗塁をマークした。試合は0-2で敗れた。

 大谷がいきなり快足を見せつけた。初回の第1打席では右肘に死球を受け出塁。絶叫しうずくまる場面もあったが、その後は二盗、三盗に成功しチームトップの6盗塁をマーク。メジャー自身初の1試合2盗塁で球場を沸かせた。

 3回の先頭で迎えた第2打席は二ゴロ失策で出塁。無死一、二塁となりレンドンの右飛で三塁へ進塁したが、ウォルシュが併殺に倒れ先制ならず。5回の第3打席は遊飛、7回の第4打席は強烈な打球も二ゴロに倒れた。

 この日は3打数無安打も2盗塁をマーク。これで打者としては25試合に出場し打率.263、8本塁打20打点、チームトップの6盗塁となった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY