石田がDeNAの救世主となれる理由 手薄先発陣と“勝利の方程式”をつなぐ存在

DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】
DeNA・石田健大【写真:荒川祐史】

昨季からリリーフに配置転換も先発経験豊富、2016年に9勝

■DeNA 8ー7 ヤクルト(2日・横浜)

 昨年10月に左肩を手術したエース・今永昇太投手を欠いて開幕したDeNA。ここにきてまたもや、先発投手陣に故障者が続出している。救世主となる可能性があるのが、左腕の石田健大投手だ。2日のヤクルト戦(横浜スタジアム)では、2回途中からロングリリーフし3回1/3、3安打無四死球無失点の快投。チームの逆転勝ちに貢献した。

 チームに衝撃が走った。この日、先発の阪口皓亮投手が2回に集中打を浴び3点を先行され、さらに2死一、三塁のピンチを背負ったところで、右肘の違和感を訴えて緊急降板。チームは2日前の4月30日の同カードでも、今季3度目の先発マウンドに立った左腕・坂本裕哉投手が村上の打球を左肩に受けて負傷。翌1日に出場選手登録を抹消されたばかりだった。

 急遽マウンドに上がったのが石田。代わり端こそ村上に右前適時打を許したが、続くオスナを内角低めの143キロ直球で見逃し三振に仕留め、相手の勢いを止めた。3、4、5回は付け入る隙も見せず、2安打無四死球の無失点に封じた。三浦監督は「急遽の登板だったが、期待に応えてくれた」と最敬礼だ。

ファーム調整中の今永、ロメロは1軍合流へ順調

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY