有原航平、9日にも復帰登板 右手中指注射治療からキャッチボール再開

レンジャーズ・有原航平【写真提供:Texas Rangers】
レンジャーズ・有原航平【写真提供:Texas Rangers】

2日に右手中指注射治療、6日ツインズ戦の先発登板を回避していた

 レンジャーズは4日(日本時間5日)、有原航平投手が6日(同7日)にブルペンでの投球練習を行い、順調なら8日(同9日)の本拠地・マリナーズ戦で復帰登板に臨む予定と発表した。

 有原は右手中指痛の影響で5日(同6日)の敵地・ツインズ戦を回避。1日(同2日)に指の注射治療を受けていた。球団によると、有原はこの日の試合前練習でキャッチボールを再開したという。ウッドワード監督は「まだ決めることが多くある」と話すにとどめた。

 1年目の今季は6試合登板し、2勝3敗、防御率5.76。

(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY