大谷翔平、6日に先発登板決定 敵将早くも警戒「怪我から復活、スーパーな才能だ」

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

キャッシュ監督「とても才能に溢れている。怪我から復活して、球速も戻ってきている」

 エンゼルス・大谷翔平投手の次回登板は5日(日本時間6日)の本拠地・レイズ戦で先発登板することが決まった。今季2勝目を目指す。投打同時出場するかは未定だ。レイズのケビン・キャッシュ監督は「彼はとても才能に溢れている。怪我から復活して、球速も戻ってきているように見える。彼はスーパーな才能の持ち主だ」と警戒した。

 大谷は2日(同3日)の敵地・マリナーズ戦で左腕・シェフィールドの93.4マイル(約150.3キロ)のフォーシームを右肘付近に受け、3日(同4日)の本拠地・レイズ戦での先発登板を回避していた。この日は外野フェンス沿いでの壁当てやキャッチボールを行ってブルペン入り。捕手が座った状態で変化球を交えて16球を投げた。

 これまでにキャッシュ監督は「幸運にも健康を保つことができれば、彼(大谷)は球界でスーパースターになる可能性がある。チームのロースターに今いる他のスター選手たちと並んでね」とトラウト級の期待を口にしている。投手・大谷との対決を心待ちにしているようだ。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY