菊池雄星、2敗目も“岩隈流チェンジアップ”で7回3失点「いいアウト取れた」

オリオールズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
オリオールズ戦に先発したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

7回7奪三振5安打3失点も敵軍ミーンズがノーノー達成「先制点で相手に流れを」

■オリオールズ 6ー0 マリナーズ(日本時間6日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は5日(日本時間6日)、本拠地のオリオールズ戦で7回5安打3失点と好投したが、今季2敗目(1勝)を喫した。防御率4.30。負け投手になったものの、菊池は「全てのボールでアウトを取ることができましたし、いい投球ができたと思います」と話した。

 2回にスチュワート、ウリアスの適時打で2点の先制を許し、7回にはバレイカの左越えソロを浴びた。7回7奪三振、5安打3失点と試合を作ったが、オリオールズ先発のミーンズが自身初、今季3人目のノーヒットノーランを達成した。「試合前から相手投手(ミーンズ)のことは分かっていた。とにかく自分の投球に集中することを考えて投げてました。先制点が相手に流れを与えてしまったのかなと思います」と振り返った。

 登板前日に特任コーチを務める岩隈久志氏からチェンジアップのアドバイスを受けたという。「握りも僕と岩隈さんは一緒なので。『もう少しこうしてみたら』というアドバイスを昨日いただいて、それでキャッチボールを投げたら、しっくり来た。そのいい感覚を試合中も継続して投げられて、チェンジアップでいいアウトも取れた。昨日、岩隈さんからいただいたアドバイスを生かすことができたんじゃないかなと思います」と充実した表情を浮かべた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY