大谷翔平、6回途中7K無失点で2勝目ならず 筒香への四球を謝罪「申し訳なかった」

会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)
会見に臨んだエンゼルス・大谷翔平(画像はスクリーンショット)

「ボール自体は悪くない感じですけど、もちろん四球が少なければ長い回を投げられる」

■レイズ 3ー1 エンゼルス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のレイズ戦で今季4度目の先発登板に臨んだ。投打同時出場せずに投球に専念し、6回途中で7奪三振6四球、1安打無失点と好投。勝利投手の権利を持って降板したが、救援陣が打たれて2勝目はお預けとなった。防御率2.41、フォーシームは最速99.8マイル(約160.6キロ)だった。

 大谷は制球に苦しみながらも奪三振ショーを演じた。初回、2四球で招いた2死一、二塁ではキアマイヤーをスプリットで空振り三振。2回2死一塁でアダメスから、4回2死一塁ではフィリップスから空振り三振を奪い、5回は2三振を奪った。6回に2者連続四球を与えたところで降板。84球を投げてストライク47球だった。「ボール自体は悪くない感じですけど、もちろん四球が少なければ長い回を投げられる。自分もチームも楽になるかなと思います。捕ったのはたまたま。いいスイングをされたなと思いました」と振り返った。

 筒香嘉智とはメジャー初対決だった。2回1死は初球96.4マイル(約155.1キロ)のフォーシームで力のない左飛に。4回2死は四球を与え、日本時代の2015年以来の対決は1打数無安打1四球だった。「四球を出してしまったので、そこは勝負できなくて申し訳なかった。できれば抑えれるか打たれるかというのがベストだと思うので、申し訳なかったと思うんですけど」と頭を下げた。

 2日(同3日)の敵地・マリナーズ戦で右肘付近に死球を受けた。3日(同4日)の本拠地・レイズ戦での先発登板を回避したが、死球の影響を感じさせなかった。チームは今季ワーストタイの4連敗を喫して地区最下位に転落。6日(同7日)の打者出場へ意欲を燃やし、「今回も死球がなければ早く投げることが出来た。イレギュラーがなければ投げられると思います。(二刀流完走へ)まずは出られるかどうか。明日も出したいと思われるように結果を出したい」と意気込みを語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY