大谷翔平を「打つのは非常に難しい」 2三振の1番打者が脱帽「優れた球持っている」

エンゼルス・大谷翔平(左)とレイズのブランドン・ロウ【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平(左)とレイズのブランドン・ロウ【写真:AP】

ロウは大谷に2打数2三振もエ軍3番手から逆転3ランを放った

■レイズ 3ー1 エンゼルス(日本時間6日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地のレイズ戦に先発。5回0/3、84球を投げて1安打7奪三振6四球1安打無失点だったが、救援陣が打たれて2勝目はならなかかった。フォーシームは最速99.8マイル(約160.6キロ)だった。「1番・二塁」で出場し、大谷に対して2打数2三振1四球も、7回に白星を消す逆転5号3ランを放ったブランドン・ロウは二刀流右腕を称賛した。

 ロウはこの日、大谷に対して第1打席で四球を選んだが第2打席は空振り三振、第3打席は見逃し三振に倒れた。それでも7回無死一、二塁でエンゼルス3番手ゲラから逆転3ランを放ち、チームに勝利をもたらした。

 26歳の内野手は大谷を「96マイルをやすやすと投げ、やろうと思えば100マイルも投げられる。非常に感銘を与えるものだよ」と称賛。さらに「彼は非常に優れた球を持っている。全ての球種が違った方向に変化する。彼のような強烈な球を投げる投手から打つのは非常に難しいよ」と語った。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY