日本ハム、7日からの楽天戦を予定通り開催 選手ら計13人が新型コロナに感染

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

中島、西川、清水らが感染、2日から4試合が延期になっていた

 新型コロナウイルスの集団感染により活動を停止していた日本ハムは6日、札幌ドームで7日から行われる楽天戦以降は日程通りに試合を行うと発表した。5日と6日に実施したPCR検査で新たな陽性者は確認されず、札幌市保健所から活動再開が認められたため、ポジション別の練習をこの日、非公開で実施したという。

 さらにこの日開かれたプロ野球臨時実行委員会でチーム状況や保健所の見解を報告。7日の楽天戦以降の試合を予定通り開催することが決まった。

 日本ハムでは4月30日に中島、西川、清水、2日にロニー・ロドリゲス、高濱、今川、郡、4日に荒木投手コーチらの感染が判明するなど、選手、コーチ、チームスタッフ合わせて13人が新型コロナウイルスに罹患した。

 川村浩二代表取締役社長兼オーナー代行は「選手たちは丸4日、互いに交わることなく過ごしてまいりました。チームスポーツにおいて影響は決して小さくありませんが、再びプレーできる喜び、ありがたみをしっかりグラウンド上で表現してくれると信じています。引き続き細心の注意を払い、なお一層感染対策に取り組んでまいります」などとコメントした。

 また、西川の隔離期間が終了したことも発表された。当面チームには合流せず、自主練習を行う見込み。

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY