開幕5戦5勝の巨人・高橋よりデータでは凄い…セイバー指標で選ぶセ月間MVPは?

ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・村上宗隆【写真:荒川祐史】

データで裏打ちされた“開幕ダッシュ”の選手は?

 スタートダッシュに成功した選手をデータで探り出し、3、4月の「月間MVP」をセイバーメトリクスの指標で選出してみる。選出基準は打者の場合、得点圏打率や猛打賞回数なども加味されるが、基本はNPB公式記録が用いられる。ただ、打点や勝利数といった公式記録は、セイバーメトリクスでは個人の能力を如実に反映する指標と扱わない。そのため、セイバーメトリクス的にどれだけ個人の選手がチームに貢献したかを示す指標で選べば、公式に発表されるMVPとは異なる選手が選ばれることもある。【鳥越規央】

 まずは3、4月のセ・リーグ6球団の月間成績を振り返る。

○阪神:20勝9敗0分
打率.259、OPS.740、本塁打31、援護率4.00
先発防御率2.38、QS率72.4%、救援防御率3.64

○巨人:16勝10敗4分
打率.258、OPS.754、本塁打34、援護率4.59
先発防御率3.14、QS率73.3%、救援防御率3.44

○ヤクルト:14勝10敗4分
打率.246、OPS.728、本塁打31、援護率4.26
先発防御率4.42、QS率32.1%、救援防御率2.91

○広島:13勝15敗2分
打率.260、OPS.696、本塁打23、援護率3.53
先発防御率3.56、QS率50.0%、救援防御率3.14

○中日:11勝15敗4分
打率.227、OPS.591、本塁打11、援護率2.73
先発防御率3.08、QS率53.3%、救援防御率2.13

○DeNA:6勝21敗4分
打率.227、OPS.611、本塁打20、援護率2.96
先発防御率5.34、QS率25.8%、救援防御率4.25

 スタートダッシュに成功したのは、阪神と巨人。この2チームで特筆すべきは、先発投手陣の充実だ。6回以上登板かつ自責点3以内で記録される「クオリティスタート(QS)」の割合が、両チームとも70%以上、7回以上登板かつ自責点2以内で記録される「ハイクオリティスタート(HQS)」の割合も阪神41.3%、巨人46.7%と平均の2倍以上の数値を記録している。また阪神の場合、先発が5回以上登板した試合が29試合中27試合という安定感を示している。

 ヤクルトの攻撃陣は、上位2チームに引けを取らないほどの得点力を示している。また救援投手陣の防護率も2点台と貢献しているが、先発投手陣の防御率が4点台、QS率も32%。初回失点率が39.3%であるがゆえに、試合を有利に進められない現状がある。

 中日はチーム防御率2.78と投手陣の健闘が光り、救援防御率はリーグ1位の2.13。しかし、援護率が2.73と防御率を下回っているため、苦戦を強いられている。11本塁打はリーグ最下位で、2番目に少ないDeNA(20本)の半分程度となっている。

3・4月の“月間新人王”は阪神・佐藤輝明ではなく…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY