防御率2位のオリ宮城、奪三振率トップのハム伊藤… 群雄割拠の新人王争い【パ編】

西武・若林楽人、楽天・早川隆久、オリックス・宮城大弥(左から)【写真:荒川祐史】
西武・若林楽人、楽天・早川隆久、オリックス・宮城大弥(左から)【写真:荒川祐史】

西武若林は断トツの14盗塁、楽天早川はK/BBでトップ

 プロ野球が開幕して6週間が過ぎた。各球団とも30試合以上、レギュラーシーズンの約4分の1を戦い、コロナ禍で来日がままならなかった外国人も合流し、今季の戦力がほぼ出そろった頃だろう。今季は新戦力の台頭が顕著で球界を盛り上げている。ここではパ・リーグの新人王有資格者のここまでの活躍を振り返る。(記録はすべて5月5日時点)

 日本ハムのドラフト1位伊藤大海投手(苫小牧駒澤大)は5試合で1勝2敗。打線の援護に恵まれず、4月28日のソフトバンク戦でようやく白星を手にしたが、内容は抜群。防御率2.25は4位、41奪三振は2位、奪三振率11.53は断トツだ。QS(クオリティスタート)率も100%。新人タイ記録の23イニング連続奪三振も記録した。

 楽天のドラフト1位早川隆久投手(早大)は安定の投球を披露。6試合で3勝2敗、防御率3.41をマーク。K/BB6.33はリーグ1位、奪三振率9.24は同2位だ。

 ロッテのドラフト1位鈴木昭汰投手(法大)は6試合で1勝1敗、防御率3.18。奪三振率9.00と健闘している。

19年ドラ1のオリックス宮城大弥は防御率リーグ2位と抜群の安定感

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY