登板翌日に特大弾「そんなわけないだろ」 大谷翔平、トップタイ10号にファン困惑

10号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
10号2ランを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

メジャートップタイ10号に驚きの声続々「スイングがとても綺麗だ」

■レイズ 8ー3 エンゼルス(日本時間7日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地でのレイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。2試合ぶりの一発となるメジャートップタイの10号2ランを放った。4打数2安打2打点で、打率.273に上昇。登板翌日に見せたアーチに、ファンも「ありえない、信じられない、途方もない……それが彼だ」「他にこんなことできるやついるかよ」などと理解に苦しむほど驚いている。

 大谷は3回2死二塁で迎えた第2打席で、左腕フレミングから右中間へ飛び込む428フィート(約130メートル)の特大の一発を放った。レッドソックスのJD・マルティネスらに並び、メジャートップタイに。これまでシーズン10号の日本人最速は2019年に自身が記録した44試合、180打席目だったが、今季は打者28試合、116打席で到達。到達日の日本人最速は2004年の松井秀喜(ヤンキース)の6月4日で、5月での到達は日本人初めてとなった。

 前日5日(同6日)の同カードでは先発し、6回途中で7奪三振、6四球、1安打、無失点と好投した大谷。エンゼルス公式ツイッターも「待って、この男昨日投げてなかったっけ?」とのメッセージで驚きを表現した。ファンからは「そんなわけないだろ」「いま球界で最も感銘を与える選手」「下半身の動きが常軌を逸している」などとコメントが続々。MLB公式ツイッターが公開した動画にも「球界の顔。この男は投げて打てる。スペシャルな才能」「このスイングは美しい」との声が上がっていた。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY