7日の公示 西武が山川穂高&木村文紀を登録、ハムはドラ2・五十幡亮汰ら5人を昇格

西武・山川穂高【写真:荒川祐史】
西武・山川穂高【写真:荒川祐史】

ヤクルトはドラフト3位高卒ルーキーの内山壮真捕手が昇格

 7日のプロ野球公示で西武は宮川哲山投手を抹消し、山川穂高内野手、木村文紀外野手、與座海人投手を登録。左太もも裏肉離れで2軍調整中だった山川は、1日からイースタン・リーグで復帰し2本塁打6打点と復調。腰痛だった木村も3本塁打と好成績を残していた。

 日本ハムはドラフト2位ルーキーの五十幡亮汰外野手を初昇格させ、田宮裕涼捕手、今井順之助内野手、樋口龍之介内野手、谷口雄也外野手の計5人を1軍登録した。新型コロナウイルスの感染拡大により、2日からチーム活動を停止していたが、この日の楽天戦(札幌ドーム)から活動を再開させる。

 ヤクルトはドラフト3位の内山壮真捕手を昇格。阪神は植田海内野手を昇格させた。植田はウエスタン・リーグで6試合に出場し、打率.231、0本塁打0打点1盗塁の成績を残している。

【セ・リーグ】
■出場選手登録
阪神 植田海内野手
ヤクルト 内山壮真捕手

■出場選手登録抹消
なし

【パ・リーグ】
■出場選手登録
西武 與座海人投手
西武 山川穂高内野手
西武 木村文紀外野手
日本ハム 田宮裕涼捕手
日本ハム 今井順之助内野手
日本ハム 樋口龍之介内野手
日本ハム 谷口雄也外野手
日本ハム 五十幡亮汰外野手

■出場選手登録抹消
西武 宮川哲投手

【注】日本ハムの田宮、今井、樋口、谷口、五十幡は「特例2021」の代替指名選手

(Full-Count編集部)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY