9回2死満塁での好守が「全然難しそうに見えない」 西武源田の「判断が冷静過ぎる」

西武・源田壮亮【動画:パーソル パ・リーグTV】
西武・源田壮亮【動画:パーソル パ・リーグTV】

9回2死満塁で柳田の難しいゴロを難なくさばいて試合終了

■西武 2ー0 ソフトバンク(8日・PayPayドーム)

 西武は8日のソフトバンク戦(PayPayドーム)に2-0で勝ち、勝率を5割に戻した。9回の守備では2死満塁のピンチを迎えたが、最後は名手・源田壮亮内野手が柳田の難しいゴロを難なくさばいてゲームセットとなった。

 2点リードの9回、西武はソフトバンクの反撃にあって2死満塁のピンチに。ここで柳田が放った詰まったゴロを源田はショートバウンドでキャッチ。そのまま二塁を踏もうとするも間に合わないと判断して一塁へ送球してアウトにした。

「パーソル パ・リーグTV」が公式YouTubeに「【慌てず】源田壮亮『最後は”たまらん締め”』【騒がず】」として動画を投稿するとファンは反応。「難しいショートバウンドなのに源田がやると全然難しそうに見えない」「お見事としか言いようがない」「サラッとやってるけどこのバウンド難しいやつじゃない……」「めちゃスピンかかってる。斜めに飛んできてる。ショートバウンド。めちゃめちゃ難しいはずなのにたまらん」「セカンド諦めてファースト送球までの判断が冷静すぎる」。グラブさばきと判断力に驚いている。

【動画】西武源田の「冷静過ぎる」“たまらん締め”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY