将来のファンを“育成” 楽天が実施する子どもイベント「イーグルスキッズ」が好評

5月1日、2日に行われた「イーグルスキッズ」の様子【写真提供:楽天野球団】
5月1日、2日に行われた「イーグルスキッズ」の様子【写真提供:楽天野球団】

5月1&2日に実施、普段の週末より子ども来場者が4ポイント増加

 幼い頃に大人に連れて行ってもらった球場の思い出は鮮烈だったりする。試合結果は覚えていなくても、熱気、音、グラウンドに向けられた大人たちの真剣な眼差しはありありと思い出せる。時流れて令和。子どもの野球離れが叫ばれる中、プロ野球球団は地域と子どもたちに寄り添うべくさまざまな策を講じている。

 ゴールデンウィーク期間中の5月1日、2日に行われた「イーグルスキッズ」は、スタジアムを楽しみ尽くし、将来のイーグルスファンを育むことを目的に2017年から継続している子どものための特別なイベントだ。1日、2日のイーグルスキッズでは中学生までを対象にキッズパーカーのプレゼント、グッズ割引やポップコーンのサイズアップ無料、アトラクション1回無料の「キッズわくわくクーポン」のプレゼント、アトラクションで遊ぶと抽選会に参加できる「わくわくスマイルラリー」などの特典が用意された。

「1、2日とも天気はあまり良くない状況でしたが、当日は配布したネイビーのキッズパーカーを着たお子さまがアトラクションへ行ってくださるなど、お子さまを中心に盛り上がっていただけた日になったかなと思います」と手応えを語るのは、イーグルスキッズの仕掛け人、総合企画部ゲストマーケティンググループの岩崎未来さんだ。

 特に雨で中断があった2日の試合では、中断時間にキッズわくわくクーポンを使ってアトラクションやクレーンゲームで雨を凌ぎながら試合再開を待つキッズの姿がよく見られたという。今回のイーグルスキッズは観客の10%にあたる約1800人の子どもが来場(2日間合計)。これは、普段の週末よりも4ポイントほど多い来場者数ということで、パーカー配布をメインとした告知が呼び水となった可能性が高い。

「アトラクションなども体験しながら野球観戦の楽しみを」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY