「上手すぎて鷹ファンも拍手」 西武源田、颯爽と現れ強奪した“激走スラキャッチ”

好守を見せた西武・源田壮亮【画像:パーソル パ・リーグTV】
好守を見せた西武・源田壮亮【画像:パーソル パ・リーグTV】

三塁後方への飛球に源田が落下地点へ猛ダッシュ→フェンス手前でスライディングキャッチ

■ソフトバンク 3ー1 西武(9日・PayPayドーム)

 西武の源田壮亮内野手が9日、ソフトバンク戦(PayPayドーム)で三塁ファウルゾーンへの飛球をスライディングで“強奪”する超美技を披露した。落下地点へ迷いなく激走する姿に、ファンも「迷いなきたまらん」「1人だけ違う景色が見えてそう」と驚きの声を上げている。

 無限の守備範囲に敵地ではどよめきが起こった。2回1死走者なしの場面で、ソフトバンク長谷川が放った飛球は三塁後方のファウルゾーンへ上がった。三塁手・呉念庭、左翼手・栗山が追いかける中、颯爽と現れたのが遊撃・源田だった。

 スピードが一切落ちることなく激走すると、フェンスギリギリのところでスライディングキャッチしアウトを奪った。この好プレーを「パーソル パ・リーグTV」は「【スパァーーーン】源田壮亮 落下点まで一直線『迷いなき“たまらん”』に惚れる」とのタイトルで動画を公開。

 これまでも数々の好プレーをみせてきた源田の美技に、ファンも「瞬時に判断できる能力が凄すぎる」「迷いなきたまらん」「1人だけ違う景色が見えてそう」「これは本当に凄いプレー」「上手すぎて鷹ファンも拍手」「これは惚れてまう」と大絶賛だった。

【動画】迷いなく落下地点へ激走! フェンスを恐れないスライディングキャッチ

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY