ソフトバンク川島慶三の母・多恵子さんが死去 川島は西武3連戦を欠場

ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・川島慶三【写真:藤浦一都】

川島は7日からの西武3連戦を欠場していた

 ソフトバンクは9日、川島慶三内野手の母・多恵子さんがこの日亡くなったと発表した。65歳だった。

 川島は容態の悪化した多恵子さんの看病のためにチームから離脱し、この西武3連戦中、ベンチ入りメンバーからも外れていた。3月28日のロッテ戦では、多恵子さんら家族が観戦に訪れる中でサヨナラ適時打を放つ活躍を見せていた。

 川島は球団を通じて「母を看取るためチームを離れることを快く許してくださった監督・コーチの皆さんに感謝しています。やはり母を亡くすのは寂しいです。でも、これからも天国で見守ってくれる母に喜んでもらえるよう、チームに貢献し続けたいと思います」とコメントした。

(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY