ダッシュで乱闘「さすが、荒ぶる有袋類」 投手に襲い掛かったドアラの意外な“快足”

死球寸前の球に激怒した中日のマスコット・ドアラ(画像はスクリーンショット)
死球寸前の球に激怒した中日のマスコット・ドアラ(画像はスクリーンショット)

場内沸かせた“乱闘コント”「今年の珍プレー好プレーに…」

 中日のマスコット・ドアラが演じた“乱闘”の一部始終が、ファンの心を鷲掴みにしている。3日に行われた中日-DeNA戦(バンテリンドーム)の始球式で打席に立った際、人気野球YouTuber・トクサンが投じた死球寸前の球に激怒。人間味を剥き出しにして襲い掛かった舞台裏に「芸人よりおもしろいですよ」「さすが、荒ぶる有袋類ですねっ」などとコメントが寄せられた。

 球団公式YouTubeが「ファミリーシリーズ舞台裏(1) 世間を騒がした乱闘(?)#ドアラ? vs #トクサンTV の真相に迫る」とのタイトルで公開した動画では、始球式後の様子も紹介。控え室に戻ってからも怒りがおさまらない様子の人気者は、「もっとおちついてないと……」と反省。ただ、最終的には「っていう台本です」と乱闘の真相を明らかにした。

 愛されキャラが見せた“獰猛な一面”に、ファンも続々と反応。「正面からのドアラさんの乱闘がやっぱり迫力感じる」「すごいスピードだった」「レスラーの楽屋なんよw」とのコメントのほか、「今年の珍プレー好プレーに選ばれてそう」と予想する声もあった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY