燕バンデンハークは「通訳さん必要なかった」 流暢な日本語で自己紹介に称賛の声

今季からヤクルトに加入したリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】
今季からヤクルトに加入したリック・バンデンハーク【写真:藤浦一都】

来日7年目バンデンハークの日本語挨拶動画をヤクルト公式ツイッターが公開

 ヤクルトのリック・バンデンハーク投手が11日、チームに合流した。球団公式ツイッターは来日7年目右腕のナインへの挨拶動画を公開。実に流暢な日本語を披露している。

 日本通算43勝を誇るバンデンハークは2月下旬にヤクルト入りが決定。8日のイースタン・DeNA戦(戸田)で4回無失点と好投し、この日のチーム合流へつなげた。32秒の動画では上手な日本語で自己紹介した。

「みなさん、こんにちわ。私の名前はバンデンハークです。オランダ出身です。2021、東京ヤクルトスワローズ、頑張りましょう」

 チームメートへの挨拶を終えると照れくさそうに頭を下げた新外国人投手。球団公式ツイッターは「チームに挨拶は通訳さん必要なかったです」とコメントした。

 ファンからは「待ち焦がれてました! これからの活躍、たのしみにしてます」「日本語上手」「日本語でのご挨拶すばらしい ヤクルトでの活躍期待しています」「うわわ、日本語上手」「待ってましたー日本語お上手」などとコメントされている。

【動画】ヤクルト新外国人バンデンハークの日本語自己紹介映像

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY